着る

正尚堂TOP着る

着物を通して、季節を楽しむ 普段着としての着物を楽しむ

着物といっても種類や素材、年代や柄、木地、帯など1つ1つとっても多種多様にあり、その1つ1つが時代や自分の好みなど少し知るだけでとても興味深く楽しく感じます。

又、羽織(着物の上に羽織るもの)やお襦袢(じゅばん:着物の下に着るもの)の組み合わせによっても違った雰囲気になり、なんとも言えない魅力が着物にはあふれています。

着物

着物

正尚堂では古くは江戸時代からの物やお手軽に着れるリーズナブルなものまで豊富に取り揃えております。

お襦袢

襦袢

大正時代の錦紗縮緬(ちりめん)で柳とコウモリがなんとも色っぽい…。
その時代のお洒落心を感じます。

羽織

羽織

羽織とは本来、埃除け(ほこりよけ)や保温のためのものかもしれませんが、時代あるものの中には袂や着丈の長さがまちまちであったり、着物以上に色鮮やかなものもあり、お洒落の必須アイテムになるでしょう。

帯

帯

写真の帯は時代としては明治後期から昭和初期の染の丸帯です。水色ベースに花びらが散りばめられ、振袖にはもちろん特別なお出かけの時に締められるとより一段と引き立つでしょう。

小物・その他

小物

着物を着る際に必要となる帯締め、帯あげからオリジナルの帯留めや根付などあらゆるものがあり、ちょっとこだわってみてはいかがでしょう。

  • お問合せ
  • 今月のスケジュール
  • 正尚堂イベント
  • 着付け